FC2ブログ
2018/11 ≪  2018/12 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019/01
「軍隊は住民を守らなかった」                          移転ではなく 「基地はいらない」
2017/05/26(Fri)
 5月26日 (金)

 朝日新聞社は、数年前からタブロイド判16ページの教育特集 「知る原爆」 「知る沖縄戦」 を発行しています。「知る原爆」 は小学生向け、「知る沖縄戦」 は中学生向けです。希望すると無料で送ってもらえます。労働組合の学習会用にもぴったりです。

 「知る沖縄戦」 を紹介します。
 1面は、1945年3月26日に米軍が上陸し、住民が 「集団自決」 をした慶良間諸島の青い海の写真です。ここから沖縄戦が始まりました。
 モデルの知花くららさんの祖父はこの時15歳でした。慶良間諸島・慶留間島でのことです。
「当時15歳の祖父は姉と2人、『自決』 を決め、3つ上の姉の首をしめかかった。自分は、ヤシの葉をヒモ代わりにして首をつろうとした。でも2人とも死にきれなかった。
 米軍の捕虜になれば、目はえぐられ、耳はそぎ落とされる。捕まる前に死ななければいけない――そう信じ込んでいた、と。
 それから60年以上たって起きた教科書問題。沖縄戦の事実が書きかえられようとしている、という危機感から祖父は話すことを決めたそうです。そして 『生き残っているのが申し訳ない』 と、涙を流しました。……
 祖父は、死にきれずに助かり、捕虜になって食べたチョコレートの味が忘れられないと言いました。ついさっきまで生きていた親戚や友だちにも味わわせてやりたかった、と」

 慶良間諸島・慶留間島にいた当時16歳だった金城重明さんの話です。
「島のあちこちに隠れていた住民に対し、日本軍から、軍の陣地近くに集まれと命令がありました。戦うのは軍人であり、住民は安全な場所へ避難させるのが当たり前なのに、です。軍から手投げ弾を渡されていた住民がいました。……
 大人のやることをじっと見ていました。妻、子どもに木を振り下ろす人。かま、こん棒、石を使う人。地獄としかいいようがない光景です。
 わたしたちは、『生き残る』 ことが何よりも恐ろしかったのです。
 わたしは石で、母親を殴りつけました。兄とともに9歳の妹、6歳の弟を手にかけてしまったのです。自ら死にきれずに死を求めている人にも手をかしました。
 わたしたちは、『皇民化教育』 や日本軍によって、『洗脳』 されていました。」
 軍は住民を守りませんでした。渡嘉敷島では300人が亡くなりました。
 金城さんの話は20年以上前に沖縄を訪問した時に伺いました。その時の録音テープを今も持っています。

 沖縄戦がいつから始まったのかについては議論があります。
 1944年8月21日夜、対馬丸は児童ら1788人を乗せて那覇港を出発し、長崎を目指します。いわゆる学童疎開です。
 22日午後10時12分、鹿児島県・トカラ列島付近の海で米軍潜水艦の魚雷攻撃を受け、10分ほどで沈没します。数日間の漂流の末に助かった人もいますが、名前が判明しているだけで、780人の児童を含む1485人が犠牲になりました。
 対馬丸は他の疎開船2隻と護衛艦、駆逐艦の合計5隻で船団を組んで出発しました。
 護衛艦と駆逐艦は撃沈を確認後、漂流する人たちを放置して逃走しました。そして日本軍はこの撃沈と犠牲を遺族にも隠し続けます。救助された人々には箝口令がしかれました。
 対馬丸に乗っていて助かった当時国民学校4年生の平良啓子さんの話です。
「翌日の夜、。家族はひとかたまりになって座り、わたしと (隣に住んでいた同い年のいとこ) 時子は祖母のひざを枕にしてぐっすり眠っていました。
 ボーン、という大きな音で目が覚めました。まわりを見渡しても、家族がみあたりません。船は燃えあがっています。……
 沈む船から海に飛び込みました。波をかぶり、失神しそうななかで、時子に会いました。小さなしょうゆだるに2人でつかまって、一生懸命励ましあっていましたが、大きな波がきて、時子の手は樽から離れてしまいました。
 その後、何とかいかだに泳ぎ着き、しがみつきました。2畳分くらいのいかだに何十人もの人がつかまろうとしては、海の中に消えていきました。翌朝、いかだに残っていたのは10人になっていました。それから6日間、ずっと海の上を漂うことになりました。……
 6日目、奄美大島の無人島に流れ着きました。やっとたどりついたのに、上陸する直前に、7歳の女の子も亡くなりました。生き残ったのは4人だけでした。
 沖縄に戻ることができたのは、よく45年2月。……
 時子のお母さんはわたしにこう言いました。
『あなたは生きて帰ってきたのねえ。時子は海に置いてきたの』」

 対馬丸事件から60年後の2004年8月22日、那覇市若狭に対馬丸祈念館が開設しました。
 昨年5月祈念館を訪れました。展示物のなかには遺品がありません。遺品は今も奄美大島沖合いの海底にあるからです。かわって生き残った人たちの証言コーナーや模型がおかれ、絵や写真で説明が行なわれています。


 「沖縄戦Q&A」 が10項目あります。
Q.なぜ沖縄が戦場になったの? です。
「みんなのお父さんとお母さんが生まれるすっと前、日本は米やイギリスとセンスしたんだ。太平洋戦争だ。米国は沖縄を占領して日本本土を攻めるための前哨基地として使おうと考えた。これに対して日本は、日本本土に攻め込まれたら困ると考えて、沖縄になるべく米軍をひきとめて時間をかせぐ『持久戦』の作戦をたてた。」

Q.住民はどうしたの?
「戦争はふつう、軍隊と軍隊、軍人と軍人が戦うものだが、沖縄戦は、子どもも含む住民が、足りない軍人の代わりや手伝いをさせられたりした。軍人も住民も、まぜこぜになったまま地上戦がつづいた。日本軍が南部に追い詰められてからは特に、米軍の無差別な攻撃に、軍人も、住民も次々と命を奪われていったんだ。……
 沖縄戦の教訓として 『軍隊は住民を守らなかった』 と語りつがれている。日本兵に命を助けられた人はもちろんいる。でも、日本兵に命を脅かされたり、スパイとみなされ、実際に命を奪われたりした人たちがたくさんいる。」

Q.歴史教科書で問題になったの?
「住民の 『集団自決』 については高校の歴史教科書を更新するときに、文部科学省と教科書をつくっている会社とのやりとりで 『日本軍が強制した』 という記述が削除されたことがある。それに対して 『集団自決』 を体験したり、体験を聞いたりしてきた沖縄県のたくさんの人たちが、大切な歴史を消さないで、と声をあげた。結果、『軍によって集団自決に追い込まれた住民も出た』 『軍により集団自決を強いられた』 といった表現が復活して盛り込まれていたんだ。……
 (裁判で) 日本軍が 『集団自決』 を命じた、という本の記述について、当事者の元軍人らが命じていないと訴えたんだ。結果的には、最高裁判所が、個々の元軍人が直接命じたという証明はないと判断する一方で、『軍官民共生共死の一体化』 の大方針の下で日本軍が深くかかわていることは否定できないと結論を出した。全体として、日本軍の強制や命令とする見方もありえる、ともいっている。」

Q.その後の沖縄はどうなったの?
「米軍は日本全体を占領し、基地を各地につくった。1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本は独立したんだけど、沖縄は切り離され、72年の本土復帰まで米軍統治下におかれた。その間、日本各地の米軍基地はどんどん減らされたけど、沖縄ではあらたにつくられたり、広げられたりした。その結果、日本にある米軍専用基地のほとんどが沖縄に集中している。……
 米軍基地もたくさんある。『まだ戦は終わっていない』 という人が多い理由はこうしたことにあるんだ。トラウマといって、何十年たっても、米軍機をみたり、戦争のニュースを聞いたりすると怖い体験を思い出して眠れなくなったり、気分が落ち込んでしまったりする人もいる。


 最後のページは「沖縄のいま」です。
「沖縄戦がおわった。
 米国は全国に米軍基地をつくった。
 多くはなくなったが、
 おきなわにはたくさん残された。
 7割が沖縄にある。」

 3つの基地について写真とともに説明があります。
「普天間基地
 宜野湾市の真ん中に位置し、まわりに学校や住宅、病院がある。『世界一危険』 といわれ、日米は1996年、県内の別の場所に移すことを条件に、住民に返すと決めたが進んでいない。2004年には隣の沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落した。広さは東京ディズニーランド (TDL) 9個分。オスプレイも配備されている。沖縄戦までは、住民が暮らしていた。基地内には墓が残り、許可をもらって墓参りをする住民も。佐喜間美術館は、沖縄戦を描いた有名な絵を展示するため、反ってきた基地の土地に建てたものだ。」

「嘉手納基地
 沖縄市、嘉手納町、北谷町にまたがり、広さはTUL39個分ほど。2本の滑走路に米軍の飛行機約100機が飛び交っている。騒音は沖縄で最も大きく、住民がおこした裁判では、騒音が違法だとして国に損害賠償が命じられている。沖縄戦の前年、日本軍が住民の土地に飛行場を造り、沖縄戦で奪い取った米軍が大きくした。基地の内外で墜落事故がなんどもあり、住民も亡くなっている。児童ら17人が死亡した1959年の事故も、嘉手納を飛び立った米軍機だ。北側の 「道の駅かでな」 ではこうした歴史を学べる。」

「キャンプ・シュワブ
 沖縄に数ある米軍の基地。キャンプ・ハンセン。キャンプ・フォスター。キャンプ・シュワブ・・・。キャンプは基地とほぼ同義、その後に続くのは沖縄戦で活躍し、戦死した米兵の名前だ。シュワブは、本物の弾を撃つ訓練場で、住宅地に銃声がひびく・広さはTDL40個分。同じ訓練場で隣のハンセンは100個分だ。日米両政府は、キャンプ・シュワブ沿岸の海を埋め立てて新しい基地をつくり、普天間飛行場の引っ越し先にしようとしている。でも、名護市長や知事をはじめ反対する住民が多く、今後は見通せない。」


 「新しい基地をつくり」 が辺野古基地です。普天間飛行場の引っ越し先は口実で新たな基地建設です。
 どこに移すかの問題ではありません。沖縄戦を体験し、伝承する沖縄の人たちにとって基地はいらない、です。
 反対する住民のゲート前での座り込みは4月1日で1000日を迎えました。今も連日反対闘争は続いています。
 しかし政府は4月25日午前、辺野古沿岸部で埋め立て工事に着手しました。
 これに対して翁長雄志知事は、3月末に期限が切れた埋め立て工事に必要な 「岩礁破砕許可」 を得ないまま政府が工事を進めていると主張し、工事差し止め訴訟を提起しました。


  平和のためというのなら
   平和のためになおさらに
    土地は放すな 村人よ

 1954年、基地建設のための農地収奪に抵抗する沖縄・伊江島の農民は、同じく基地建設反対闘争を闘っている小録村 (現在の那覇市小録 現在は商店街) の農民と交流しました。その時、小録の農民が琉歌を詠って伊江島で闘っている農民たちに贈りました。(阿波根昌鴻著『米軍と農民 -沖縄県伊江島-』 岩波新書)

   「活動報告」 2017.4.18
   「活動報告」 2016.5.20
   「活動報告」 2015.9.15
   「活動報告」 2015.6.26
  当センター「いじめメンタルヘルス労働者支援センター」ホームページ・ご相談はこちらから
この記事のURL | 沖縄 | ▲ top
| メイン |